アコムの借り方の審査について、「甘い」と表現されている記事などを目にすることがあります。しかし決して甘いということではなく、「重視している部分」と「柔軟に対応している部分」があるという話になります。アコムは消費者金融の中でも最大手の一つになります。銀行との提携によって、潤沢な資金も手に入れています。そういった環境で営業を行っていますので、幅広く貸し付けを行えますが、回収リスクをどこで負うのかが、重要なポイントです。アコムは経営方針として、「初めて消費者金融を利用する人」をターゲットにしている傾向があります。消費者金融を利用するタイプの人に大きな金額を貸し付け、回収リスクは高めの利息で補うといった消費者金融のあり方から、優良顧客を育てていく方針にシフトしたわけです。中小の貸金業者は、過去のクレジットヒストリーを重視し、そこから垣間見られる信用から、回収リスクをできる限り軽減させる方向で審査を行っている傾向にあります。他社借り入れの経験があるほうが、望ましいと考えることもあります。しかしアコムの場合には、他社借り入れの経験がなく、クレジットヒストリー自体がないような、まったくのスーパーホワイトの人を歓迎しているように見受けられます。そういった申込者であれば、勤続年数や居住年数、収入などの属性が若干弱かったとしても、契約に至る可能性が高いのです。それが「審査が甘い」と言われているゆえんでもありますが、現時点で総量規制等の法律に触れていないか、また過去の債務問題については、厳しく検討されます。可否ラインなどは、どの業者も明らかにしませんので示すことができませんが、そのような「傾向」にあります。

Comments are closed.