キャッシングは企業からお金を借りるサービスなので、収入が不安定になる可能性があるアルバイトの場合は、審査に不利になるというイメージもあるかもしれません。ただ、例え雇用形態がアルバイトの人であっても、申込者本人に安定した収入があれば、キャッシングを利用することは可能ですのでまずは安心しましょう。
どの会社のサービスでも、申込資格は年齢が20以上かつ70歳未満で、安定した収入があれば利用可能となっている場合が多く、勤務先の雇用形態は指定されていないことがほとんどです。
また、キャッシング即日審査のときに提出する必要書類として収入証明書がありますが、アルバイトのため収入証明書が準備できそうもないという場合でも、あきらめる必要はありません。多くのサービスでは、利用希望額が小さい場合は、収入証明書の提出なしでも申込めるようになっているためです。一般的には、契約する限度額が50万円を超えないような場合は、収入証明書が不要となるケースが多いです。
収入証明書不要のキャッシングを利用するには、まずは公式サイトに「収入証明書原則不要」などのキャッチフレーズがあるサービスを探しましょう。消費者金融でも、銀行のカードローンでも、大手のサービスはかなり多くが該当します。
次に、自分の申込状況が収入証明書不要の場合に該当するかしっかり確認して、問題なければインターネットから申込をしましょう。審査の際に勤務先に在籍確認が入りますので、アルバイト先で在籍確認の対応ができるかどうか確認しておきましょう。在籍確認がしっかりとれれば、アルバイトの人でも収入証明書不要で利用することができます。

Comments are closed.